リオ五輪の日本人選手の活躍に勇気づけられた

連日リオ五輪での日本人選手の活躍がニュースやメディアで騒がれています。

既に現時点でロンドン五輪の金メダルの数を抜いたというので、日本人選手団の活躍はすさまじいのだと実感させられます。今大会、私が一番感動したのは挫折を経験した選手達が再起の金メダルを獲得したその姿です。

200m平泳ぎの金藤理絵選手は北京で7位入賞という立派な成績を収めながらもロンドンではヘルニアを発症させたせいで代表落選という挫折を経験しました。その後も思うような成績を残せずに低迷。後輩である渡部香生子選手の台頭もあり引退を決意するくらい追い込まれてしまいます。

2015年に行われた水泳の世界選手権でも後輩の渡部選手が金メダルを獲得したのに自身は6位に沈んでしまいます。

しかし、そんな状態でもリオを目指して必死に努力して今回大輪の華を見事に咲かすことが出来ました。私自身、学生時代に卓球部に入部していました。ですから後輩の台頭や自分が結果を残せない焦りの辛さを、少しですが理解できます。そんなどん底にいても、引退を考えても諦めずに努力し続けた金藤選手の頑張りには本当に涙が出るほど感動させられました。

また、引退を決意していた金藤選手を励ますために金藤選手のお姉さんの結婚式で励ましのメッセージを送った話という話を聞いて、メダルというのは選手だけじゃない、コーチや家族、所属会社や友人など沢山の人に支えられたからこそ手に出来る最高の贈り物だと改めて感じました。

そして柔道女子70級の田知本遥選手。田知本選手はロンドン五輪に出場しながらもメダルを獲得できずに敗北するという挫折を経験します。日本の柔道は金メダル以外価値がない、金が当たり前の競技です。

そんな柔道で銅メダルすら獲得できずに敗退した田知本選手の苦悩はどれほどだったか。

リオ五輪でも世界ランクは上位ではなく、けして金メダル大本命だったわけではありません。それでも最後まで攻め続け、決勝で1本勝ちで勝利した姿を見て私は涙が止まりませんでした。今大会、期待されていたのに結果を残せなかった選手もいると思います。

それでも、今の成績に悲観せずに東京五輪を目指して頑張ってほしいです。努力を続ければ必ず再起できるという姿を、金藤選手と田知本選手が見せてくれたのですから。

続きを読む

どこでも使えるエコたわし!

どこでも使えるエコたわし

最近、環境やエコなことに興味を抱くことが多い私ですが、先日、「エコたわし」なるものを購入しました。

このエコたわし、どこにでも使えるんです。キッチンも、お風呂はもちろん。自転車のお手入れにも使えるし、電化製品・パソコンのホコリ取りとしても使える!

濡らして絞って雑巾のようにもできるし、乾拭きももちろんOK

水やお湯を流しながら洗う!などと用途はたくさん♪

可愛いくて、小さくて、軽いから、かばんに入れて持ち運ぶこともできます。携帯電話のクリーナーにしたり、バックやちょっとした汚れを拭くこともできますよね。

日本でも一時期はやったみたいで、いろんなところで商品として売っているんだそうです。

初めてしったー!

色もカラフルだし、デザインも色々!

見ているだけで楽しくなってきます。タワシにしておくのが本当に、もったいない。お部屋のインテリアとして置いておいてもかわいいですよね。

なんと、このエコたわしは洗剤がいらないんです。だから、環境にとてもいいんですね。アクリルの細かい繊維のたくさんの溝が汚れを取って、吸着してくれるそうです。洗剤代がういて節約にもなるし、排水もきれいになるので日常で自然とECOに貢献できるのもうれしい!

それと、一番うれしいのは、手荒れが少なくなることです。洗剤を使わない分、このエコたわしに変えると手あれがしなくなります。

用途も色々。

キッチンでは食器洗い洗剤をつけなくても、食器の汚れが、お水やお湯だけでも十分にきれいに汚れが落ちてくれます。茶渋やコーヒーの黒ずみがすっごくきれいに落ちるんです。実際、やってみてびっくり。だって、クレンザーでごしごししないと落ちなかったものが、かわいいエコたわしで擦るだけで、本当にきれいに落ちました!

本当に真っ白になりますよ。

もし、汚れがあまりにもひどい場合は、すこーしだけ洗剤をつけてもいいかもしれないです。お鍋のこびりつきもキレイになるし、すごいです。

キッチン周り、水周りって掃除するの本当に大変なんですよね。こまめにお掃除できているときはいいんだけど、少し、間が空いてしまうと、油汚れも固まってしまうし、どんどん、億劫になって掃除から遠のいてしまい勝ち。

でも、こんなに可愛いエコたわしなら、ちょっと色々試してみたくなるかも!

続きを読む

遺伝子組み換えについてその弐・独占

遺伝子組み換え作物について思うところは沢山あるのですが、今回は、遺伝子組み換え作物の独占性について考えてみました。

遺伝子組み換え作物は、遺伝子組み換え企業によれば、コストを抑え大量に生産することができ、世界の食料を賄えると言われる事があります。しかし、果たして本当なのでしょうか。

そもそも、農業に従事する人というのは世界的にみても、貧困にさらされる可能性が高いのが通常です。食料は人の生活における一番大切な消費であり、農業をしている人は、少なくとも生産している作物は自給自足しています。

さて、遺伝子組み換え作物ですが、これはどの農家でも実施可能な技術ではありません。そして、遺伝子組み換え作物というのは、有機栽培や従来の農業と共存するのが大変困難です。遺伝子組み換え作物に使用される薬品や、遺伝子組み換え作物の花粉などは、従来の農業を困難にします。

つまり、共存が困難というよりも、従来の農業は遺伝子組み換え農業のあるところでは出来ない、つまり栽培において、遺伝子組み換えは一方的に有利であり、従来の農業は潰されてしまうのです。

遺伝子組み換え作物の栽培をした土地では従来の農業は出来なくなります。そうやって、オセロや将棋で駒の置ける場所がなくなっていくように、地球規模で不可逆的に遺伝子組み換え作物ばかりになってしまうのです。

仕事が出来なくなってしまう従来の農業の人は、遺伝子組み換え作物を購入する事は出来るのでしょうか?

そもそも自分のところで生産していた作物も消費しつつ他の作物を購入しながら暮らしていた人が職を失ったとき、安価になっているとはいえ、今まで以上の消費が出来るのでしょうか。

成果物だけ大量に出来ても、それが民主主義的に行き渡るかどうかは別の問題なのです。

この事を考えると遺伝子組み換え作物の問題が、食べた人の健康面だけでなく、世界的な経済の問題であることが分かります。

健康面を心配するのであれば選ばない、買わないで済むことです。しかし、買わざるを得ないにも関わらず食べるものもない、という事態になる可能性のある人も出てくるということを忘れてはなりません。

比較的簡単に行動、選択できる状況にいる人間がいち早く動くのが大切です。

続きを読む