ファンになってしまった、、、

フレンチとはかけ離れて、むしろイタリアンでもない。。なんだろう。
シェフ独自のスタイルの創作コース料理?!のようでした。

通常だったら、不満に思ってもいいはずのコース料理。
フレンチを想像していたら驚きますね。
でも、なぜか、憎めない。 笑ってしまうくらい斬新。
そして、笑ってしまうほどに、どれもおいしいんですよ。

この斬新さは本当にすごい。
写真をお見せしたいくらい。。
たとえば、ライスコロッケは(この時点ですでにフレンチ料理ではないのですが)
色がショッキングピンクとグリーンのソースがかかっていたり
ショッキングピンクと緑ですよ?! 普通に洋服選びでさえ
チョイスしない組み合わせ! 強い色どうしのぶつかり合い。
斬新で鮮やか!しかし、斬新すぎてわらってしまう。。

ショッキングピンクはビーツを使っていて
グリーンはバジル。 そして、食べると、本当に目がまるくなるほどウマイ!
もう、フレンチへのこだわりは忘れてしまいます。
そこからは、シェフの創作料理が楽しくて楽しくて、一皿一皿
運ばれてくるたびになぜか、爆笑。 突っ込みどころ満載。
でも、料理に人柄がでている。やったことがない(たぶん。想像ですが)
ベジタリアンの客のコース料理を知っている知識でいろいろやってみました感が出ていてうれしくなりました。

そして、運んでくるスタッフも口々に「大丈夫ですか?シェフが心配していました」とのこと。
こういうのって胸うたれますよね。 あー。スタッフに愛されてるんだなと。。。すっかり、ファンになってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*